お墓に関する相談は業者に聞いてみよう

家族だけの時間を

お葬式にもトレンドがあります。

お葬式とは、家族や大切な人の死と向き合い、その事実を受け入れるために必要な大切な儀式です。 お葬式にもいろいろなお別れのかたちがあります。どのようなお葬式を行うかは、遺された人たちがどのようなかたちでおわかれするかということです。葬儀もひとつひとつ違ってくるのです。 お葬式には、一般的に遺族、親族以外の友人や職場関係の人などにも会葬してもらう一般葬。本葬の前に遺族、親族だけで営む密葬。その他に社葬、合同葬などもあります。 お葬式にもトレンドがあり、最近の傾向はなんといっても家族葬です。家族葬とは遺族、親族以外の弔問を受けずに、家族や近親者だけで葬儀を行うことです。家族葬は、故人とのおわかれの時間を十分に持つことができ、希望する人が増えています。

家族葬の利用方法と流れについて

ゆっくり感謝の気持ちをこめて、故人を見送ることができるとして人気の家族葬ですが、利用方法やその流れはどうなっているのでしょうか。 まず葬儀業者と打ち合わせを行い、葬儀の形態や規模、費用や日程を決めます。 家族葬を行うことが決定してから行うことは家族葬の通知です。近所、友人、職場関係の人たちに家族葬であることや、香典、弔電をお断りすることを伝えなければなりません。 参列してもらいたい人だけには遺族が直接連絡をします。 そして故人の旅立ちの衣装を準備し納棺します。 その後は通夜、告別式を行い、出棺、火葬、拾骨と続きます。 葬儀の内容としては通常の一般葬とさほどかわりはありませんが、参列をオープンにするか、限定にするかの違いなのです。