お墓に関する相談は業者に聞いてみよう

不足するお墓

今後は都市部に納骨堂が建てられるケースが増えそうです

 現在、東京都内のお墓事情は結構厳しい状況になっています。地方では激しい人口流出現象が起こっており、このままでは自治体としての機能を維持し続けていくことが難しくなってしまうと頭を抱え込んでいる自治体がたくさんあります。しかし、都内に限って考えた場合は全く逆の現象が発生しています。近年は人口の一極集中に拍車がかかってきていますので、近い将来、深刻なお墓不足が発生するのではないかと懸念されています。東京都内の地価は高いですから、固有スペースを広く取った霊園を新しく建築することはまず無理です。ですので、都内在住者がこれからお墓を建てたいと希望している場合は、かなり郊外まで出向いていって墓地探しをする必要があります。しかし、気軽にお墓参りすることもできないような場所にお墓を持ちたいと考える人はそう多くありません。したがって、今後は都心近くに納骨堂が建てられるケースが増加するだろうと考えられています。

お墓や納骨堂を購入する際の注意点について

 よくお墓や納骨堂を「買う」という表現をしますが、一般的な不動産購入とは少々勝手が異なっています。家や土地を買う場合はその所有権を手に入れることになりますから、他人にその権利を売ったり譲渡したりすることができます。所有権は物を完全に支配することができる権利であるため、他人に売ろうが、ただで貸そうが、何でも自由に行うことができます。しかし、お墓や納骨堂を買った場合に手に入れることができるのは、所有権ではありません。では何を購入するのかというと、永代に渡る使用権を購入することになります。自分自身で使用している分にはいつまでも使い続けることができますが、他の人に売ったり譲渡したりすることは許されません。そのような制限付きの権利を手に入れることになるのだということを、正しく理解しておく必要があります。